欅(けやき)産業株式会社

SDGs SDGsの取り組み

Sustainable Development Goals
持続可能な開発目標(SDGs) とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。
※外務省HPより抜粋

”世界共通の目標である持続可能
な社会の実現に大きく貢献“

欅産業では、仙台箪笥・仙台仏壇の製造と販売、また箪笥類の修正や再生/家具のリフォームを通じSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け取り組んでいきます。
働く一人一人の従業員、志を共にするパートナーとともに 循環型社会の構築に貢献しています。
今後もさらに店舗やオンラインショップで仙台箪笥をお買い上げいただくお客様の理解のもと、広く社会に貢献できるよう取組を広げてまいります。

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任
  • 陸の豊かさも守ろう
  1. 1産業と技術革新の基盤を作ろう

    伝統工芸である仙台箪笥が現代まで廃れることが無かった背景には、時代の流れに合わせた商品をお客様のニーズやライフスタイルに合わせて形を変化させてきました。 今後もその時代時代の生活に合わせた商品を作り続けることが、事業を継続させ・産業を守る事につながると考えています。いつの時も挑戦をし続け、その繰り返しの中から、新しい産業をつくることを欅産業の目標としています。

  2. 2つくる責任つかう責任

    欅産業は、仙台箪笥などの適切な修繕・修復をすることで、廃棄物の削減に取り組んでいます。
    また、2011年3月11日の東日本大震災の後には、大きな被害に遭われてしまった被災者様の仙台箪笥を修復し、大切な思い出とともにお届けしました。持続可能な開発目標と合わせて欅産業は地元地域に引き続き貢献していきます。

  3. 3陸の豊かさを守ろう

    元気な森林を守るには「木を使うこと」が大切です。欅産業では国産の天然木を使用し
    適切に木を伐採すことによって森の新陳代謝を促し、地域の環境保全や地球温暖化防止に貢献しています。
    エコな素材である木材でも輸入材を使用とすれば輸送過程で多大なCO2を排出してしまいます。